HOME

 うさぎの京屋敷めぐり

 京屋敷めぐり

 伏見屋敷めぐり

 全国の武家屋敷めぐり

 京都幕末史跡めぐり

 幕末諸藩の状況

 幕末京都の世相

 史跡めぐり

 遺跡めぐり

 

 武家屋敷めぐり

 弘前武家屋敷

 角館武家屋敷

 金ヶ崎武家屋敷

 水沢武家屋敷

 白石武家屋敷

 上山武家屋敷

 村上武家屋敷

 佐倉武家屋敷

 長町武家屋敷

 大野武家屋敷

 松江武家屋敷

 萩武家屋敷

 杵築武家屋敷

 竹田武家屋敷

 臼杵武家屋敷

 出水麓武家屋敷 

 入来麓武家屋敷 

 知覧武家屋敷

 

水 沢 の 武 家 屋 敷

 

  水沢城は1629(寛永6)年、伊達家一門の留守宗利が入城してから幕末までの約230年間1万6千石の居城でした。

  城は、正確には水沢要害と呼ばれ、一之曲輪(本丸)二之曲輪(二の丸)三之曲輪(三の丸)南曲輪などにわかれ、曲輪を囲んだ土塁に杉や松が植えられていましたが、現在は、三之曲輪跡の市役所前(写真)にこの姥杉一本だけが残っている。

  奥州市役所周辺には、伊達支藩の留守氏時代の城下町時代の武家屋敷の名残が今も見られ、往時の面影を感じさせてくれる。また、この地からは、後藤新平、斎藤実、高野長英など多くの偉人を輩出している。

 

 

内田家旧宅(市指定有形文化財)

 内田家の初代は、16世紀の後半に留守政景(伊達政宗の叔父)に召し抱えられ、足軽奉行を務めたといわれる。慶応2年(1866)「水沢家中家並覚牒」に大番役・内田勘之丞とみる屋敷がこの内田家旧宅である。弘化4年(1847)には、余目家に次ぐ家中第2位の96石2升の禄高があった。

 現在茅葺で四脚の薬医門を表門とし、屋敷内には、茅葺の主屋(175.62m)、塀重門、表庭、裏庭が残され、往時の姿が偲ばれる。なお、平成2年に主屋は復元された。


後藤新平旧宅(県指定有形文化財)

 慶応2年(1866)「水沢家中家並覚牒」に奥小姓頭・後藤佐伝冶とある屋敷がこの後藤新平宅で、18世紀中頃に建築されている。現在の間取りなどは晩年の後藤新平が行った修理を受け継いだものである。茅葺の厠(便所)と板倉が主屋裏に残る。

式台玄関

玄関の間


 小幡家

 留守氏家臣の武家屋敷。唯一長屋門形式の表門を持つ武家屋敷。

 安倍家

 武家屋敷安倍家は、留守家の大番士を務めた家臣の屋敷です。江戸時代からこの小路は「日高小路」とよばれ、武家屋敷が配置された通りです。屋敷構えや屋敷内に生い茂る老松などの樹木に江戸時代の武家屋敷の景観をとどめています。

 屋敷内には、明治初期に建てられた母屋をはじめ、土蔵、板倉、井戸などがあります。翆松園となずけられた母屋は、苔むす表庭を正面に一部二階建ての数寄屋風の建物として趣向を凝らしています。

 この建物は、1876(明治9)年と1881(明治14)年の明治天皇行幸のとき御避難所に指定され、1889(明治22)年には臨時緯度観測所が置かれた歴史的建物です。

 吉田家

 留守氏家臣の武家屋敷。江戸時代の薬医門が残る。

 高橋家

 武家屋敷高橋家は、留守家の大番士を勤めた家臣の屋敷です。江戸時代、この大畑小路は、「吉祥寺前小路」や「東大畑小路」などとよばれ、武家屋敷が配置された通りです。

 屋敷内は江戸時代の建物配置をとどめ、1874(明治7)年から8年をかけて建てたといわれている母屋をはじめ、薬医門、土蔵、板倉、井戸などがあります。

 母屋は、唐破風の玄関と木彫や障壁画で建物を飾り、当時としては非常にめずらしい窓ガラスやレンガも使った和洋折衷の建物でガス燈がひかれています。建物内の襖絵などは水沢の画人菅原竹侶が手がけ、天井一面に龍が描かれた「龍の間」もあります。

<現地案内板より>